向上の求人をうまく見つける方法は?

>

好きなことを仕事にしたい

手先が器用なことを伝える

工場ではわりと細かい作業が多いので、手先が器用な人に向いています。
手先が器用な人なら複雑な工程が続いても、スムーズに部品を作成できるでしょう。
特に昔から工作が好きだった人は、苦痛に感じずに仕事に取り組めると思います。
また工場勤務をするなら、コミュニケーション能力も重要です。
1人1人が個別に作業を進めますが、全員の作業行程は繋がっています。

1人の仕事が遅れると、周囲の全員の仕事に影響が出て遅れてしまいます。
納期を守れるよう、誰かが困っている様子だったら助けることも大切です。
自分にトラブルが起こった時も、周囲が助けてくれるようになるでしょう。
このように助け合いの精神を持って、仕事に臨みましょう。
周囲の仕事がどこまで進んでいるのか、常に把握することが大切です。

機械の使い方を知ろう

手作業で部品を作ることもありますし、大型の機械を使うこともあります。
工場勤務に慣れてくると、自分が機械を操作するかもしれません。
正しい操作をしないと危険な事故が起こる可能性もあるので、よく使い方を聞いてください。
説明を聞いてもわからないことがあれば、その場ですぐに質問しましょう。
わからないことがあるのは、悪いことではありません。

そのままにする方が悪いので、その場で聞く姿勢が大事です。
ただ同じことを何回も聞くと、真面目に仕事に取り組んでいないという印象を与えてしまいます。
相手にとっても負担になるので、聞いたことを1回で覚えられるようメモに残す癖をつけましょう。
再びわからなくなってしまった時に、今度は自分のメモを見れば解決できるはずです。


このコラムをシェアする